青物におすすめのシンキングペンシルとは!?サーフでのシンキングペンシルの使い方とレンジ、シーバスやヒラメに効くシンペンを紹介

釣り

今回は青物におすすめのシンペンなどについてご紹介していこうと思います♬

場所によっては青物が入ってきているエリアもあり、ハイシーズンに突入している場所もありますので、参考になるような情報をお伝えしていければと思います!!

青物だけでなくシーバスやヒラメなどでも対応できるルアーなども紹介していきます♬

スポンサーリンク

サーフでのシンキングペンシルの使い方とレンジは!?

シンキングペンシルはアクションが派手ではないので、魚がスレている場合でも効果を発揮しやすいです。

なので、ただ巻きでも効果的に魚を誘うことが出来き、多くのエリアで活躍できます♬

シンキングペンシルのレンジですが、最初は分かりにくいかもしれませんが、ロッドを立てたりして多層にアプローチできるので、だんだん感覚を掴んでいくととても優秀なルアーとわかってきます。

青物におすすめのシンキングペンシルは!?

私個人的に青物におすすめのシンキングペンシルをご紹介します♬



シーバスにおすすめのシンペンとは!?

シーバスにおすすめのシンペンもご紹介します♬



ヒラメにもシンキングペンシルは良い!?

実はヒラメにもシンキングペンシルはとても有効です♬

メタルジグに近い飛距離も出ますし、ミノーやワームより飛ばすことが出来るので、メタルジグとミノーやワームの中間のような良いとこどりのような位置なので、シンペンも1軍ルアーに1つ入れておくと良いかもしれません!!

シンキングペンシルとミノーの違いは!?

シンキングペンシルとミノーの違いは、簡単に言うと先端にリップが付いているかいないかの違いになります。

リップがあることによって大胆なアクションが可能になるのですが、リップのないシンキングペンシルは派手な動きはしません。

そのため弱った魚のようなフラフラする動きをして魚を誘惑するのです!!

ミノーとは全く違うアクションになるので、シンキングペンシルもミノーも準備しておけばバリエーションが広がり釣果も変わってくるのではないでしょうか。

自作のシンペンと本物のシンペンの違いは!?

釣り好きな人は自作でシンキングペンシルを作る方がいますが、釣り具屋で売っている本物のシンキングペンシルとの違いと言うと、やはりシンペンの重心や完成度や強度が違ってきます。

釣り具屋で売っているシンペンは釣れるように研究されていますし、それなりに強度も高くしっかり実績を出してから売り出していますので、信頼できます!!

しかし自作のシンキングペンシルは相当時間をかけて作った割には完成度はやはり釣り具屋にあるシンペンと比べると劣るところがありますので、釣果を上げたい方は釣り具屋でシンキングペンシルを購入した方が良いのではないでしょうか。

自分はとにかく自作で作ったシンペンで釣りたいという方もいますので、私はどちらでも良いのですが、頑張ってもらいたいと思います♬

まとめ

今回は主にシンキングペンシルについてご紹介しましたがどうでしたでしょうか!?

シンキングペンシルは多くのエリアで使うことが出来ますので、これからルアーを購入する方はシンペンは持っていた方がいいかもしれませんね!!

自然相手ですので、毎日同じような釣れる環境ではないので、こちらも色々な引き出しを持っているといいですね♬

これから釣り情報をコツコツ共有していきます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました