筋トレのビック3のベンチプレスとは!?

今回は筋トレ経験のある方は必ず知っていると思いますが、ベンチプレスとはどういうものかをご紹介してしていこうと思います♬

ベンチプレスはマシンを使うトレーニングとは違いバーベルやダンベルを使うフリーウェイトになるので狙っている部位以外も鍛えることができるので、とてもオススメです!!

ただある程度マシンやダンベル・バーベルに慣れてから始めた方がスムーズにフォーム良くできるのではないのでしょうか。

初めはマシントレーニングからがオススメ

筋トレ初心者の方はまずはマシントレーニングから初めていきしっかり重量に慣れていくことが大切になってきます!!

いきなりベンチプレスをやってもできないことはないですが、マシントレーニングから始めることで身体が慣れていきフリーウェイトでも力が発揮できます。

ベンチプレスではフォームやバーベルの軌道など意識することがマシントレーニングより多いためいきなりやると上手くできなかったり、あまり胸に効かなかったり、ひどいとケガをする恐れもありますので注意が必要になってきます。

マシントレーニングは軌道が決まっているので、慣れてくることによって胸の効かせ方もだんだん掴んできます!!

マシントレーニングから始めてフリーウェイトのベンチプレスを始めても全然遅くはありません。

むしろ基礎のような形でマシントレーニングから入りだんだん上手くなってきたらフリーウェイトに挑戦する方が近道かもしれません。

慣れてないうちはマシントレーニングからやってみましょう!!!

ベンチプレスのメリット

ベンチプレスのメリットはなんといっても胸以外の筋肉にも負荷や刺激が入るところだと思います。

マシントレーニングは軌道が決まっているので、基本的には狙った筋肉の部位しか入らないですが、ベンチプレスのようなフリーウェイトは自分のフォームなどによって変わってきてしまうので、他の筋肉にも負荷がかかるので全身使ってトレーニングするようになります。

狙った筋肉だけではなく他の筋肉も鍛えることができるのでさすがベンチプレスですね♬

ベンチプレスのデメリット

ベンチプレスのデメリットといえば、フォームが安定しないうちは狙った筋肉に効きにくいことがあるので注意が必要です。

ベンチプレスはフリーウェイトなので、自分で姿勢を維持したり安定させないといけないため、上手くできないことが最初はあります。

ある程度マシントレーニングでフォームや軌道に慣れてからベンチプレスを行うことによってスムーズにやれることができるのではないでしょうか!?

上手くできるようになればマシントレーニングよりかなり濃いトレーニングができると思います♬

まとめ

今回はベンチプレスについてご紹介しましたが、少しは参考になったでしょうか??

ベンチプレスはビック3と言われているくらいなので上手くできるようになれば効果的なトレーニングができますので、最初は難しくてもだんだん軌道や重さにも慣れてきますので、諦めないで頑張っていきましょう♬

筋トレは継続していくことで成果が出てきますので、粘り強くやっていきましょう!!

筋肉は裏切らないですよ♬

今回も読んでいただきありがとうございます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました