シーバスで使うラインの太さと号数を紹介!おすすめのPEとフロロカーボン、ナイロンもご案内

シーバス

こんにちは♬

今回はシーバス釣る際に使用するラインの太さと号数を紹介します!!

一緒におすすめのPEラインとフロロカーボンとナイロンもお伝えしていこうと思っています。

少しでも皆様の役に立ち釣れる確率が上がるようでしたら嬉しいです♬

釣り情報をみんなで共有したいのでよろしくお願いします!!

スポンサーリンク

シーバスラインの太さは??

シーバスで使用する際のラインの太さは

PEライン:0.13mm~

ナイロン・フロロカーボン:0.28mm~

大体この辺りから使用するかと思います。

ラインの太さよっても切れやすさや飛距離も変わってきますし、釣果にも少なからず関わってきますので、選ぶときはある程度知っておいた方が良いです。

シーバスで使うラインの号数は??

シーバスで使うラインの号数は

PEライン:細い場合0.6号~0.8号・太い場合1.2号~1.5号

ナイロン・フロロカーボン:3号~

になります。

シーバスリーダーは必要??

シーバスで使うラインの先端にはショックリーダーと呼ばれるフロロカーボンやナイロン素材の糸を使用しています。

ショックリーダーがあるとないとでは釣果も変わってきますし、ショックリーダーの役割がとても重要になりますので必ず使用することをオススメします。

ショックリーダーの役割として

①PEラインは擦れに弱いためショックリーダーを付けることにより障害物の擦れや岩などの擦れ、シーバスの歯や鱗で擦れて切られることを防いでくれます。

②PEラインは収縮性がほとんどないため、柔軟性のあるショックリーダーを使うことによって負荷を吸収して魚のバレを防いでくれます。

シーバスラインの長さはどのくらい??

シーバスラインの長さですが、ライントラブルなどによって切ってしまうこともあるので、150mあると何度か長めにラインを切ってしまうことがあっても安心です♬

おすすめのPEとフロロカーボン、ナイロンは!?

おすすめのPEライン


おすすめのフロロカーボン


おすすめのナイロン


まとめ

シーバスに必要なラインについて今回はご紹介しましたが、ラインの太さや号数は釣り方によって変わりますので、自分の釣りには何号必要か覚えていると良いと思います♬

適切なラインによって飛距離が変わり釣果にも影響が出ますので、意外に大事です!!

ラインの強度も弱すぎればすぐに切れてしまいますので、これからは適切なラインを選んでいきましょう。

これからも多くの釣り情報を共有できるように発信していきます♬

コメント

タイトルとURLをコピーしました