NEWS SENNAN メインイメージ

その他情報コーナー

日本初 ”電子機器”に特化した”お焚き上げ施設”が誕生

自分が死んだとき、携帯電話やパソコンに保存されているデータが、どのように取り扱われるか考えたことはありますか?

遺品整理の需要が高まる中、携帯電話やパソコンなどの電子機器に特化した専門施設「お焚き上げステーション」が北海道にできました。

個人情報の取り扱いについて、一歩間違えてしまうと「クレジットカードの情報が、違法に抜き取られた」「SNSサイトで、故人が利用していたアカウントが悪用され、故人になり替わって、色んな発言をされた」などなど、故人の尊厳が失われる事態になりかねません。

お焚き上げステーションは、(一社)遺品整理士認定協会が運営。

大阪の人口は約880万人。もし大阪にできれば高齢者も多いので、かなりの需要がありそう。

  2013/10/31   松野
タグ:

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください