NEWS SENNAN メインイメージ

イベント情報

ミュージアム情報<2018/10/27更新>


HP30.10.27w...

 1918年に5人の日本画家(野長瀬晩花、小野竹喬、土田麦僊、村上華岳、榊原紫峰)が「国画創作協会」を創立して、今年で100周年を迎える。彼らは「生ルヽモノハ藝術ナリ」と宣言し、数々の作品を展覧会(国展)で発表。創意あふれる作品は注目を集め、革新的な美術団体としての地位を築いた。
 国画創作協会の回顧展としては25年ぶりの開催となる同特別展では、重要文化財「日高河清姫図(村上華岳)」をはじめ、現存する国展出品作を中心に、約90点が展示される。

◎会期=前期11月3日~25日、後期11月27日~12月16日(会期中、一部作品の展示替え有り)
◎会場=和歌山県立近代美術館1階展示室(和歌山市吹上1―4―14) 
◎開館時間=9時半~17時(入館は16時半迄) 
◎観覧料=一般800円、大学生500円、高校生以下・65歳以上・障がい者の方は無料。11月22日は「和歌山県ふるさと誕生日」で入場無料。11月24日は「紀陽文化財団の日」で大学生無料 
◎休館日=月曜日 
◎問合せ=TEL: 073・436・8690

HP30.10.27i...

 日本の伝統的な絵画様式「やまと絵」を制作した土佐派と住吉派に着目した同特別展では、泉州地域縁の絵師として活躍した土佐光則と住吉如慶に注目。室町時代から江戸時代初期にかけての作品が展示されている。

◎会期=前期10月13日~11月4日、後期11月6日~12月2日(期間中、展示替えや場面替え有り)
◎会場= 和泉市久保惣記念美術館(和泉市内田町3―6―12)
◎開館時間=10時~17時(入館は16時半迄)
◎休館日=月曜日
◎入館料=一般千円、高大生800円、中学生以下無料
◎問合せ=TEL:0725・54・0001

  2018/10/27   Web担当
タグ: