NEWS SENNAN メインイメージ

イベント情報

ミュージアム情報<2017/11/25更新>

向井久万裸婦像展.jpg
 泉佐野市出身の日本画家・向井久万(むかい くま)。彼の秀作の多くが同館に所蔵されており、同特別展では裸婦作品を中心に、年代を追って展示されている。時代とともに移り変わるテーマや画風から、向井久万の内面の変化を感じるとともに、日本画家・向井久万の軌跡をたどる。
 関連企画として、12月2日に講演会「日本画における裸婦表現について」が行われる。午後1時半から午後3時まで。講師は西田桐子氏(兵庫県立美術館学芸員)。定員60名(事前申込要)。参加無料。
開館時間=午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
入館料=無料
休館日=月曜日・祝日(12月23日は休館)
住所=泉佐野市市場東1丁目295―1
交通=南海本線「泉佐野駅」から、いずみさのコミュニティバス(北回り又は南回り) で
「泉佐野市役所前」下車、徒歩約8分。JR阪和線「日根野駅」から、いずみさのコミュニティバス(中回り)で「総合文化センター」下車、徒歩約5分。
問=TEL:072・469・7140
 
 

アンモナイトがいっぱい...
 恐竜がいた時代より昔から海中に生息していた「アンモナイト」。同特別展では、日本初公開資料を含む、日本および世界各地で採集されたアンモナイトの化石200点が展示されている。
開館時間=午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料=高校生以上400円・中学生以下無料(4歳以下の幼児は保護者同伴)
休館日=月曜日、11月30日
住所=岸和田市堺町6―5
交通=南海線「岸和田駅」から徒歩約15分
問=TEL:072・423・8100
  2017/11/25   Web担当
タグ: