NEWS SENNAN メインイメージ

地域ニュース

2018年04月

開業は来年5月頃 泉州卸団地と土地契約 東岸和田駅前 ホテル建設

 泉州卸商業団地協同組合(岸和田市土生町、奥田耕策理事長)とルートインジャパン(本社・東京都品川区、永山泰樹社長)はこのほど、ルートインジャパンがJR東岸和田駅に隣接する泉州卸商業団地協同組合所有地に建設するホテルの土地賃貸借契約を締結した。

30.04.21ホテル... 

 ホテル建設が予定されているのは、岸和田市土生町3丁目4088番1他の土地で、敷地面積が約2313平方㍍。高架化された東岸和田駅西側の駅前広場に面する。

 計画によると、ルートインジャパンではここに地上8階、建築面積約773平方㍍、延床面積約5447平方㍍、客室数231室の「ホテルルートイン東岸和田駅前」(仮称)を建設する。オープンは平成31年5月頃の予定。土地賃貸借契約は、30年間の事業用定期借地権設定契約が結ばれた。

写真=「ホテルルートイン東岸和田駅前」(仮称)の完成予定図

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

「うまいもん祭in田尻」 あす4月22日 田尻漁港で開催

 田尻漁業協同組合と南海電気鉄道による恒例の「うまいもん祭in田尻」があす4月22日午前7時から、田尻漁港日曜朝市会場で開催される(雨天決行、荒天中止)。毎週日曜開催の「田尻日曜朝市」にあわせて行われ、通常正午までの開催時間は、午後1時まで延長される。

 今回のオススメは、出来立てアツアツの「焼き牡蠣」。バーベキュースペースのリニューアルを記念し、20個入り500円の特別価格(数量限定)で提供される。また、大阪湾産ワカメを使った「ワカメスープ」の無料配布(先着700名)や、塩蔵ワカメも格安(200㌘100円、数量限定)で販売される。
 当日は、バーベキューコーナーが一部無料開放(午後1時まで)されるほか、大阪市水産物卸青年会によるゲームコーナー、海の生物とふれあう体験コーナー、スタンプラリーやクイズ大会なども催される。

H30.04月開催田尻...

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

投票率向上へユニーク企画 いこらも~る「選挙割」 泉佐野市議選挙に協力

 泉佐野市にある「いこらも~る泉佐野」は、5月13日に投票が行われる泉佐野市議会議員一般選挙にあわせ、投票を終えた人が協力店で特典が受けられる「選挙割」を実施する。

 選挙割は、期日前投票を含め、投票所で貰える「投票所来場証明書」を対象店舗で提示することで、割引や特典などのサービスが受けられる仕組み。同施設担当者は、「泉佐野市の低投票率の向上につながる策として、少しでもお役にたてれば」と話している。
 対象店舗は、同施設内の13店舗(花工房RanRan、花満円、フリージア、ダイニングしゃぶしゃぶ仁、かつ喜、パン工房クルール、昔造り辻茂、ケンタッキーフライドチキン、とんとん亭、す~さんのインド料理、カフェボーノ、せんしゅう茶屋、せんか)で、有効期間は5月7日から31日まで。

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

「就業者数が過去最高」関西国際空港

 関西国際空港で働く人の数は、今年1月1日時点で1万7363人と約3年前に比べ約18%増え、過去最高となったことが関西エアポートの調査で分かった。

事業面積の増加など映す

 第1ターミナルビル免税エリア拡張および第2ターミナルビル(国際線)のオープンにともない事業面積が増加したことや、好調なインバウンドを反映した旅客数および航空需要の拡大が主な理由とみられている。
 この調査は「空港内従業員調査」として3年に1度アンケート形式で行われ、前回は2014年11月に実施された。
 今回の調査結果によると、空港内の事業者数は355者と前回に比べ30者増加。従業員数は前回の1万4701人から2662人増加した。
 従業員数の増加率が高かったのは、航空機サービス業、旅客サービス業、物品販売業がトップ3。
 従業員の性別は、男性が約58%、女性が約42%の構成比。全体の約92%が1期島で勤務している。
 また、従業員の居住地は、泉佐野市が約27%と全体の4分の1強を占め、全体の約9割が大阪府内に住んでいる。
 関西エアポートでは今後、予定している第1ターミナルビルのリノベーションや、アジア地域を中心とするインバウンドの増加により関空の事業規模はさらに拡大すると考えており、事業者数、従業員数とも引き続き増加を見込んでいる。

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

観光路線バス「試験運行1年延長」和泉市-かつらぎ町

 国道480号鍋谷峠道路・父鬼バイパスの開通にともない、平成29年4月から試験的に運行している「和泉かつらぎ観光路線バス」の運行期間が、来年3月まで1年間延長された。今年度からは急行便も登場した。

30.04.21鍋谷バ... 

 運行は、日曜日および祝日のみ。今年12月30日(日)、来年1月1日(元日)は運休する。
 便数は、和泉中央駅発、笠田駅前発がともに1日6便。うち急行はいずれも3便で、和泉中央駅と笠田駅を1時間で結ぶ。和泉中央駅の始発が8時55分、最終は17時10分、笠田駅の始発が9時20分、最終は17時10分。
 料金は、府県をまたいで往復利用する場合お得となる1日フリー乗車券が大人(中学生以上)1000円、小児(小学生以上)500円。
 1日フリー乗車券を提示すると、和泉市久保惣記念美術館、エコール・いずみ、ホテルルートイン和泉、道の駅いずみ山愛の里といった指定の店舗・施設で特典を受けることができる。

写真=開通した鍋谷峠道路を走る「和泉かつらぎ観光路線バス」

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

大阪発! 「夏休みフロリダホームステイ<16日間>」参加者募集 和歌山YMCA

 フロリダ州オーランド市近郊でホームステイをし、現地の生活を体験。午前は英語レッスン、午後は交流や大学見学などの課外活動で国際理解を深める。ディズニーワールドとケネディ宇宙センター訪問、プロスポーツ試合観戦付き。※引率者が全プログラムに同行する。
 
【企画運営】和歌山YMCA、後援=和歌山県教育委員会、和歌山市教育委員会
【日程】7月28日(土)~8月12日(日)の16日間
【説明会※要予約】4月28日、5月12日、19日、26日(各土曜日15時~16時)
【参加費】58万円(航空運賃込み。燃油サーチャージ、ESTA申請料等別途要)
【説明会会場】和歌山YMCA(JR和歌山駅東口より徒歩約2分)
【説明会申込・問】TEL:073-473-3338、メール「language@wakayamaymca.org
 
※参加者募集は5月31日(木)まで

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

大好評の期間限定ランチ!旬の味わいが満載!!<和食 次 あじさい>

 毎回期間限定ランチが好評の和食の店『あじさい』。今回は旬の鰆のふき味噌焼と若め胡瓜の生姜酢ゼリーがけ、お造りなどを彩り豊かに“ちょこ”“ちょこ“と盛り込んだ大長皿をはじめ、天ぷら、茶わん蒸し、ご飯、赤だし、デザート、コーヒー又は抹茶ラテが付いて1389円(税別)が堪能できる。期間は5月22日(火)まで。
 その他、「季節膳」は2200円(税別)。宴会、法要、食事会は、相談を。
 
30.04.21あじさ...
※写真はイメージ
 
 
和食 次 あじさい(泉佐野市日根野3963-3、駐車場あり)
【問合せ】TEL:072-462-3060
【営業時間】11:30~14:30(L.O 13:30)/17:00~20:30(L.O)
【定休日】 月曜日 

≫ 続きを読む

  2018/04/21   Web担当
タグ:

千賀ノ浦部屋の力士 介護施設を慰問

 泉南市にある介護施設「ケアハウス田園」に3月29日、千賀ノ浦部屋の力士が慰問に訪れ、施設利用者や地域住民らと交流を行った。
 介護施設への慰問などを通じて、地域交流にも精を出す千賀ノ浦部屋は、大阪場所の時期に同市にある「長慶寺」を宿舎として構えることから、同施設への慰問を毎年行っており、今年で6回目となる。
30.04.07千賀ノ... 
 今回訪れたのは、元前頭の「舛乃山」、「舛天隆」、「鰤乃里」の3力士。四股や塵手水(ちりちょうず)など、相撲の基本動作を披露したほか、参加者とともに相撲の基本型で構成された「相撲健康体操」を行った。
 質問タイムでは、「体調管理はどうしてるの?」「好みの女性のタイプは?」など、相撲に関することからプライベートな質問にも丁寧に答え、満員御礼の会場は、笑顔に溢れていた。
 今後の抱負について舛乃山は、「来年の訪問時は、今よりも強くなって戻ってきます。皆さん応援よろしくお願いします」と挨拶し、会場は拍手に包まれた。
 
写真=ケアハウス田園(泉南市幡代)にて。右から「舛乃山」、「舛天隆」、「鰤乃里」。

 

≫ 続きを読む

  2018/04/07   Web担当
タグ:

”ドローンに興味津々” 泉佐野で体験講習会

 一般社団法人大阪ドローン協会主催による初心者対象の「ドローン体験講習会」が3月25日、泉佐野市のコワーキングスペース・コラボスで行われた。
 

30.04.07ドロー... 

 当日は、同協会の山田啓次代表理事を講師に、ドローンと呼ばれる無人航空機は、機体本体とバッテリー重量の合計が200g以上のものには航空法や道路交通法などの法律規制があることなどの基本知識を学んだあと、実際に小型の機種(200g未満)を用いて操縦方法を学ぶ実習が行われた。
 参加者は、「ドローンの操縦は初めてでした。前後左右のほかに上昇・下降や右旋回・左旋回という移動もあって、操作はとても複雑でしたが、これを機に、もっと勉強したい」と話していた。

写真=ドローンについて講習を行う山田氏

≫ 続きを読む

  2018/04/07   Web担当
タグ:

観光地「砂川」を紹介 6月29日まで企画展 (泉南市埋蔵文化財センター)

 昭和の観光地であった「砂川」(泉南市)の様子を紹介する企画展「昭和の一大観光地砂川」が6月29日まで、泉南市埋蔵文化財センターで開かれている。

 昭和10年に開園した砂川遊園は、かつてJR阪和線の砂川駅近くにあり、1日に5、6万人が訪れたという観光地だった。すぐ隣には、風化した岩の奇怪な風景が広がる「砂川奇勝」と呼ばれた景勝地もあり、大阪府内でも屈指の観光地として人気を集めた。
 戦後、再び観光地をめざす動きもあったといわれるが、詳しい記録や資料がなく、砂川奇勝もその後に住宅地開発が行われ、当時の風景はほとんど消え去っている。
 今回の企画展では、昭和4年から15年までの新聞記事や、21名の人たちによる当時の記憶、写真などから浮かび上がった昭和の砂川の様子を紹介している。写真40点、パンフレット(複製含む)38点が展示されている。期間中は砂川音頭のレコードを当時のように蓄音機で聞く体験会や、講座なども開催される。
 ▽泉南市埋蔵文化財センター=〔開館〕9時半―16時半、〔休館日〕第1・3土、日、祝(要問い合わせ)、〔入館料〕無料、〔電話〕072・483・6789

≫ 続きを読む

  2018/04/07   Web担当
タグ: