NEWS SENNAN メインイメージ

地域ニュース

「世界大会で2位」東大谷高校バトン部

 東大谷高校のバトン部が、3月24日に米国テキサス州ダラスで開かれた「ミスダンスドリル世界大会2018」のオープン部門で2位の成績を収めた。

30.06.09東大谷... 

 大会には12人のメンバーが参加。演技では目標の一つとしていたノードロップ(演技でバトンを落とさないこと)を達成したが、惜しくも優勝はならなかった。

 バトン部の顧問を務める西村友里先生は、「生徒たちにとって2位は悔しいが、大きな舞台に立つことができて良い経験になった」と話す。
 5月24日には、西村顧問および選手8人が結果報告のため堺市役所を訪れ、竹山修身市長らと面談。選手たちは「全力で、楽しんで踊ることができた。また、次の大会に向け頑張っていきたい」と喜びを語った。

写真=堺市役所で竹山市長(真ん中)と記念撮影
 

  2018/06/09   Web担当
タグ: