NEWS SENNAN メインイメージ

地域ニュース

観光大が最優秀賞 泉佐野まちづくりコンテスト

 泉佐野市の未来を創る政策を若者が考え発信する「第2回泉佐野まちづくり政策コンテスト」の最終審査会が2月10日、泉佐野市議会議場を会場に開催され、審査の結果、大阪観光大学の学生チーム「虹橋」が最優秀賞を獲得した。

30.03.10泉佐野... 

 最終審査会には、全6チームが出場。千代松大耕泉佐野市長、野口新一泉佐野市議会議長ら6名が審査員を務め、各チーム15分の持ち時間でプレゼンテーションを行った結果、チーム虹橋が提案した「外貨獲得大作戦―銭湯を中心とした佐野町場づくり―」が、最優秀賞を獲得した。
 同チームのメンバーは、大阪観光大学の学生で、リーダーの廣田春音さんを中心に、中国人留学生で構成されており、廣田さんは、「私はもちろんのこと、中国人留学生も興味を示した『さの町場の銭湯(大将軍湯)』を活用し、インバウンド観光客から外貨を獲得するための提案が認められて嬉しい」と話していた。
 
写真=最優秀賞を獲得した大阪観光大学学生チームリーダーの廣田さん(右端、左端は千代松市長)
  2018/03/10   Web担当
タグ: