NEWS SENNAN メインイメージ

地域ニュース

児童らが避難訓練 泉佐野市・大木小学校

 泉佐野市にある大木小学校で11月25日、火災や地震を想定した避難訓練が行われた。児童と教員に加え、大阪府警察本部警備部第三機動隊、泉州南消防組合市場消防署、泉佐野市消防団大土分団、泉佐野市女性消防団のほか、地元住民らが参加。各団体が連携し、避難訓練に取り組んだ。

火災や地震を想定

大木小学校防災訓練29...
 当日は、児童による火災・地震想定の避難訓練を行った後、各防災機関による訓練を実施。テントを倒壊した建物に見立て、建物の中から被災者を救出・救助する一連の訓練や、火災発生を想定した放水活動による消火訓練が行われた。
 同校の林勝行校長は、「日頃から防災意識を持つことが大切です。大木地区で被害を出さないためにも、各団体や地域の方とも協力しながら、防災対策に努めたい」と話していた。
 大木小学校は、従来の通学区域を残したままで学区に関係なく市内全域から就学できる特認校で、現在50名の児童が在籍している。この日行われた防災訓練は、同市が平成28年4月から実施している「土曜授業(毎月第4土曜日午前中)」を活用して行われた。
 
​写真=大木小学校で行われた避難訓練の様子
 
 
  2017/12/09   Web担当
タグ: