NEWS SENNAN メインイメージ

地域ニュース

「織田作之助」特別展 6月30日まで 中之島図書館

 大阪を代表する作家である織田作之助の没後70年を記念する特別展「甦る織田作之助~大阪を駆け抜けた夭折の天才~」が6月30日まで、大阪府立中之島図書館で開かれている。
 6月24日には、大阪文学振興会総務委員・帝塚山派文学学会副代表の高橋俊郎氏を講師とする関連講演会「織田作之助新資料について―2000枚の草稿にみるオダサクの実像―」が同図書館で行われる。

 特別展は9時から17時まで開催され、入場は無料(日曜休館)。講演会は当日14時から15時30分に開催され、定員は申込先着50名、参加費は500円。
 中之島図書館には、以前より織田作之助の旧蔵資料など約1500点をまとめた「織田文庫」があるが、没後70年にあたる今年、作之助の姪で養女でもある織田禎子さんより新たに関係資料約650点の寄贈があった。
 今回の展示では、寄贈された資料を中心に「織田文庫」収蔵の図書、雑誌、草稿、書簡などを展示する。
 ▽問合せ=大阪府立中之島図書館(大阪資料・古典籍課)Tel06・6203・0474(代)

  2017/06/10   Web担当
タグ: